So-net無料ブログ作成

カンヌ国際映画祭で上映された「秋刀魚の味」⑨ 小津安二郎監督の人生を辿って… [映画]

スポンサードリンク

皆さん、こんばんは。
今日一日お疲れ様です。

さてさて、
映画の撮影ができないまま、
シンガポールで過ごすことになった小津さんの、
ミラクル言動をお届けしましょう。

私が、最も、注目したのは、ここからなのです。

こうした、空白となってしまったかのような時間に、
小津さんは、最初の一年で百本のアメリカ映画を見た、
というのです。

日本はというと、
1941年(昭和16年)12月8日以来、
アメリカの映画は1本も公開されていない。

こうした状況でのことなのです。


それにしても、これは、ものすごいことですよね。

いくら、時間はあるとはいえ、
また、報道部映画班という者であれば、
自由に、当時、敵であったアメリカの映画を見ることは、
たやすいことだったのでしょうか?

そうではないのです。

戦況が悪化していた当時、
接収されたアメリカ映画のフィルムというのは、
溶かして、塗料となる、貴重な資源であったのです。

けれども、
小津さんは、映写機の点検と称し、
秘密の試写をしたのです。

映写室の責任者となったカメラマンの原田雄春さんが、
小津さんの求めに応じて上映作品のリストを作成し、
見回ってくる将校に気づかれぬよう、
ひそかなる、深夜の上映会を主催していたというのです。

もともと、プロパガンダ映画といえる作品の撮影が、
シンガポール滞在の目的であった。

それを、
軍部の目をかすめて、
実は、敵国の映画を、来る日も、来る日も…
深夜になると、見ている、日本人の映画監督。

それも、ひたすらに…

なんだか、想像すると、不思議で、
奇妙な感じすらしませんか…。(笑)

けれども、それが、なんというんでしょうか…

その場に、溶け込んでしまうというか…

なんの、とらわれ、こだわりもなく…
飄々と、その場で、
自分のすべきことに、
今、できることは、これだ…という感じに、

ただ、ただ、生きられる…

これは、言うのは、簡単ですが、
そうそう、できることでもないのではないでしょうか…。

私は、
この小津安二郎という人物を語ろうとするときに、

この、
フィリピンでの、様子というのが、

とても、象徴的に、
小津安二郎という人間を。
表しているように感じました。


また、小津さん自身が、
気づかれていたかどうかはわかりませんが、

私には、小津さんの意識は、

戦争を自らも体験され、
常に、戦争と隣り合わせである、
刻一刻、
一日一日…

そして、親友である山中さんの死…

そうした、状況と体験の蓄積の中で、

いのちを落としていった者達の遺志をも
背負って、
自らの力に変え、

その時、その時に、
大切なものを、選び取り、
それを、実行されていたように感じてならないのです。


皆さん…
皆さんの心には、
今、どんな思いが去来しているでしょうか?


私は…
今回、小津安二郎という、
ひとりの人間の人生を、
作品とともに辿らせて頂くことで、

最も、最初に、私にとって、
個人的に、抱いた、疑問の答えを
頂いた気がしました。
それは…と…
ここからは、明日、お届けすることにしましょう。


それでは、皆様、
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

明日は、今回、カンヌ国際映画祭のクラシック部門で
小津安二郎監督の「秋刀魚の味」が上映となったことで、
私が、抱いていた疑問…

この疑問に対して、今、私が感じていることを、
お届けしたいと思います。

お楽しみに…

おやすみなさい。

明日お会いしましょう。

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。